切手ブームの過去と現在は?今後はどうなる?

kittetitle

【はじめに】

切手を高額で売却するためには、需要が多いかどうかが非常に重要です。そして切手の需要が多い時には「切手ブーム」が起こっています。

今回は過去の切手ブームと現在の切手ブームの概要、そしてこれから先の切手ブームはどうなっていくのかを予測していきたいと思います。

 

過去の切手ブームについて

 

kittekako

(概要)

過去に切手が最もブームになったのは1940年代後半から1960年代前半にかけてです。特に1950年代後半には子どもたちの間で大ブームとなり、特に記念切手の発売日となると、郵便局や切手売り場は切手を求める人々でにぎわいました。この時代の切手には資産的な価値も高く、利殖を狙って購入する人もいたほどです。

(背景)

当時に切手ブームが起こった背景としては戦後の日本の復興の中で、経済が大きく発展していったというのが挙げられるでしょう。金銭的な余裕が生まれる中で、趣味として切手の収集をする人が増えました。

また、1957年には「グリコ」と「アーモンドグリコ」のおまけとして外国切手を入れるという取り組みを始めました。このキャンペーンでは日本では見られない珍しい切手を入手できるとあって、子どもの切手ブームの火付け役となりました。

さらにコレクションといえば集めるために高額のお金がかかるものがほとんどです。

(それこそ絵画を購入しようとしたら1枚で千万単位でかかってしまう)

その点切手は、ほかのコレクション品よりも入手が比較的簡単で、さらに値段も安いため、コレクションしやすいと言えるでしょう。

まとめると

  • ・戦後の経済成長で金銭的な余裕があった
  • ・グリコのおまけについたことで子どもたちに広がった
  • ・比較的安価で、入手しやすい

この3点に集約できるかと思います。

 

現在の切手ブーム

 

kitte-genzai

 

(概要)

現在、日本で発行されている切手にプレミア価格がついているものはほんの一部であり、切手ブームとは言いがたい状況です。

 

しかし外国の切手は国内外の注目を集めており。特に「赤猿」をはじめとした中国切手は最も高いもので1シート数百万円の価値がついています。

(なぜいま、中国切手なのか?)

現在高値になっている中国切手は文化大革命の時期に販売されていたもののみです。その時期、中国国内では切手収集が禁止されており、現存するものは海外に持ち出された一部の切手のみでした。

 

そして中国の経済が発展した現在、古き良き時代の名残を求めて中国人が海外に当時の中国切手を購入しに来るというケースが見られます。
その需要が大きいため、現在ブームになっているのです。

(現在の切手ブームまとめ)

  • ・中国切手を中心に需要が高まっている
  • ・国内の切手ではなく「中国切手」がブームなのは、中国人が文化大革命期の切手を欲しがっているから

 

切手ブームのこれから

 

現在の中国切手のブームは現状やや下火の状況になっており、まもなく中国切手ブームは終了するでしょう。

 

しかし2020年、2025年には東京オリンピック・大阪万博と日本で世界的なイベントが行われる予定です。これらのイベントを通じて日本が再び世界的な注目を浴びれば、日本の切手も同時に注目を集める可能性は十分にあるといえるでしょう。

終わりに

 

過去と現在の切手ブーム、そしてこれからの展望を見てきました。切手は万国共通のものとして一定のコレクターがいるので、ブームが下火になることはあっても、完全になくなってしまうということはないでしょう。

これからも切手ライフ、楽しんでくださいね。